Crash Course in American Politics

2015年7月25日@プラグインライブラリ
2015年7月30日@プラグイン Plug Inインストラクターのアメリカ人のLogan (ローガン) による、“Crash Course in American Politics”(アメリカ政治集中講座)を行いました。7/25開催分にご参加できなかった方達がいらっしゃったので、急遽7/30にも実施し、今回は同タイトルで2回PIUを行うことができました。Politics(政治)というと、なにやら小難しい話の様な感じですが、政治はアメリカの日常において身近な存在(= 一種のカルチャー)であること、歴史的経緯からアメリカ人の政治への参加意識がどのように形成されたのかということ、大統領選挙運動のことなど、興味深い話が盛りだくさんでした! よく、アメリカ大統領選挙運動は非常に盛り上がっている様子がテレビのニュースで流れますが、なぜそういった盛り上がりをみせているかということが、ローガンのプレゼンを通して良く理解できました。アメリカ人が政治参加に対して積極的で一票の力を強く信じているというポジティブなマインドを持っていること、選挙活動に政治的エンターテイメント(スピーチやディベート)が融合していること、政策に求められる基本的なアメリカ的価値が存在すること、また、結果として選出される大統領はそれらのアメリカ的価値観を体現したリーダーであり、アイコンであり、シンボルとして位置づけられていること、など特徴的な点を分かりやすく話してもらいました。 また、政治という視点からみると、新たに見えてくる通貨の特徴を、実際の米ドル札を見ながら実感したり、また、コーヒーとアップルパイ(There is nothing more American than baseball, apple pie, and love for your country. という諺にちなんで)を食べながら、Q&Aを実施しました。参加者の皆さんからの多くの質問が挙がったり、2016年の大統領選挙に向けた予備選の動きについてのローガンの意見についてなどの話もあり、とても楽しく政治について学べたPIUでした!(当日配布のプレゼン資料には、ローガンがアメリカ政治に関する情報源や、有名な大統領選挙のディベートなどの参考リストも付けてくれたので、参加者の皆さんの今後のお役に立てば嬉しく思います!) 当日の写真を以下のリンクにアップしたのでご覧下さい。
★写真はこちら→ 写真ギャラリーへ  

PIU トップページへ