Design and Education in Finland

2017年3月25日@Plug In Library

フィンランド出身のPlug Inインストラクター Nik(ニック)に “Design & Education in Finland” (フィンランドのデザインと教育)をテーマにプレゼンをしてもらいました。フィンランドは2017年にちょうど建国100周年を迎えるとのことで、国としての歴史は意外と短いのですが、洗練されたスカンジナビアンデザインや、 従来の国主導型と異なるハイレベルな教師と教育者が中心となって開発された新しい教育システムなど、魅力がたくさん詰まった国であることが分かりました。

デザインのパートでは、代表的フィンランド人 デザイナーの名言から、フィンランドデザインによる建築物、インテリアがどのような考え方に重点を置いているのか(自然からのインスピレーション、自然物と人工物の対象、強い色彩対比etc)を具体的なビジュアルで示しながら説明があり、フィンランドデザインの根底にある哲学やイデオロギーを知ることができました。また、教育のパートでは、現在世界で注目されているフィンランドの教育システムが確立された経緯や、どのようなやり方で何を教育しているのか、実際のフィンランドの学校生活の様子のムービーなど、ニックの経験も交えて話がありました。

今回は主に教育の部分にフォーカスしたプレゼンでしたが、子供の年代に応じで教育のやり方が異なることや、 全国テストが高校まではないこと、科学に基づいたカリキュラム設計、教育費が無償であること、学校間格差がほぼないこと、 厳しい基準をクリアした能力の高い教師や教育者の存在、フィンランド人の英語教育環境についてなどなど、ここでは書ききれないほどの多くの新鮮なアイディアが盛りだくさんでした! 「教育」において、本当に大切なこと、なされるべきことについて真剣に考えさせられる時間になりました。

ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!

写真はこちら 写真ギャラリーへ 

PIU トップページへ