The Educational Journey (A Canadian Perspective)

2016年4月23日@English Box Plug In 

Plug InインストラクターのNeil (ニール) によるプレゼン “The Educational Journey (A Canadian Perspective)” (ニールのカナダ教育事情の紹介)を開催しました。「教育」とは何か?一般的な定義、また、個人個人で教育に対する考え方はそれぞれかと思いますが、この問いに対し、カナダの教育事情を英語で学ぶ事を通して、真剣に考えることができた素晴らしい機会でした!

Neilの出身地ノバスコシアの紹介、また、カナダの学校では毎朝カナダ国歌を斉唱することから、プロミュージシャンの一面も持つNeilによるギターの弾き語りにより、プレゼンはスタートしました。カナダの教育システム、教師の資質や待遇、学生が何をどのように学ぶか、学生のスポーツなどの課外活動の取り組み方、課外活動に対する教師の関わり方、課外活動以外の学生生活について、さらにはPTAのあり方、教育コストの話など、たくさんのトピックについて学生と教師の双方の視点を絡めて分かりやすくプレゼンをしてくれました。また、カナダには日本のような受験システムが存在しないことや、学生の進路についてなどなど、2国間で様々な違いがあることが分かりました。

加えて、過去カナダでは クラスルームのデザイン変更、障害をもった学生との共存へのシフトなど、未だ物議を醸してながらも、多くの教育改革が行われたのですが、それらについて、参加者の皆さんのアイディアについてディスカッションをするなど、大変白熱しました! オタワで小学校教師として従事し、日本の高校でもALTとして働いていたNeilならではの観点から、教育システムだけでなく、システムからは切り離して「教育」を据えることの大切さを伝えてくれました。

「教育」がキーワードということもあり、たくさんの教育関係に従事されている方、また、現在学生の皆さんをはじめ多くの皆さんにご参加頂きました!

ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!

★写真はこちら→ 写真ギャラリーへ  
PIU トップページへ